放射線治療は可能性に溢れている|病を撃退する手段を伝授

ハートを持ったナース

がんの先端医療

相談を聞く医者

がん患者の血液から免疫細胞を採取し、培養して体内へ戻す先端医療のひとつが免疫細胞治療です。副作用がほとんどなく、進行度にかかわらず他の治療法と併用できるため、転移や再発を防止する方法としても有望視されています。

詳しくはコチラ

ガンの最新治療法

医者

自分の身体の免疫細胞を活用して、がんを治療する方法を免疫細胞療法といいます。自分の免疫細胞を一度取り出し活性化させて体内に戻すため、副作用が少なく病気を撃退出来ます。大きながんでは、抗がん剤治療と組み合わせることもあります。

詳しくはコチラ

新しいがん治療の1つ

病室

免疫治療は新しい治療法であり、がん細胞の増殖を抑える効果を持っていますが初めからこの治療法のみでがん治療するのはリスクがある点に注意が必要です。がん治療の選択肢に手術・放射線・抗がん剤以外の選択肢に免疫治療があり、実施している病院もありますので探して見ましょう。

詳しくはコチラ

放射線によるがん治療

放射線が持つ効果

救急車のおもちゃ

病を撃退する手段を伝授します。放射線治療は、現在ではがん治療の1つとして一般的に行われている方法です。単独で行われる場合もあれば、外科療法と一緒に行われる場合もあり、併用することで高い効果が期待されています。放射線治療はがん細胞を減らす効果があり、進行や再発を防いでくれます。外科療法で腫瘍を摘出しても小さな腫瘍が残されている可能性や、術後の再発も懸念されます。そういう場合に対して放射線治療が有効となる場合もあります。また、高齢者であれば年齢から外科療法が受けられない場合も少なくありません。そういう場合でも放射線治療が役立ち、がん細胞の増殖を抑えて進行を遅らせてくれます。他にも、進行が進んで外科療法の効果がほとんどない場合であっても、放射線治療が活躍してくれるのでなくてはならない治療となっています。

副作用の危険性

放射線治療の治療法は、外部照射と内部照射にわかれます。外部照射では放射線治療室に入り、そこでがんの部位に集中的に放射線を当てていきます。これでがんの状態を診ながら、繰り返し行われていきます。内部照射では放射線が含まれたカプセル状のものを服用していく形となり、体内でがん細胞に効果を発揮していきます。放射線治療は簡単なように見えても、人によっては副作用が出てしまう場合もあるので注意しなければいけません。疲労感や食欲の低下、吐き気や抜け毛などがあらわれる場合もあり、そういった副作用は事前に放射線技師や医師から説明されます。治療後に意識したい生活習慣も合わせてアドバイスが行われるので、正しく従っていくようにしましょう。