放射線治療は可能性に溢れている|病を撃退する手段を伝授

看護師

がんの先端医療

転移や再発を防止

相談を聞く医者

がんの治療は手術が基本となり、転移や再発を防止するためには、放射線や抗がん剤が用いられます。これに加えて、最近では免疫細胞治療が注目を集めています。患者自身の免疫機能を強化し、がん細胞を攻撃させようという考え方に基づいています。まだ手術に代わるほどの効果は確立されていませんが、他の治療法と併用しても問題はなく、再発防止の方法として有望視されています。免疫細胞治療は副作用が少ないことが最大のメリットです。手術や放射線治療と違って体力の消耗が小さく、入院する必要もないため、ほとんど普段と変わらない生活ができます。初期のがんには特に向いていますが、がんの進行度にかかわらず、一定の効果を期待できるというメリットもあります。

自分に適した治療法を選ぶ

一口に免疫細胞治療と言っても、樹状細胞ワクチン療法・自己リンパ球療法・NK細胞療法など、さまざまな種類があります。すべての医療機関で、すべての方法が使えるわけではないので注意が必要です。また患者の状態によって、最も適した治療法は異なります。よく説明を受けて、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。多くの免疫細胞治療では、患者の血液から免疫細胞を採取し、専門の施設で培養したり活性化させたりします。この処理には一定の時間がかかります。また1回で終わるのではなく、数回でワンセットになっているのが普通です。自由診療であり保険は適用されないので、料金についても確認しておく必要があります。なお所得税の医療費控除で負担を軽減することが可能です。