放射線治療は可能性に溢れている|病を撃退する手段を伝授

看護師

ガンの最新治療法

自分の免疫細胞を使う治療

医者

免疫細胞療法とは、自分の免疫細胞を使ってガンを攻撃する治療法です。人間の体は健康な人でも一日にガン細胞を含む異常細胞が生まれています。しかしそれでもガンや病気を発症せずにいられるのは免疫システムが働き、異常な細胞を見つけて排除し発症を防いでいるからです。しかし、免疫システムが衰えると異常細胞は分裂を繰り返し増殖してしまい、発症を防ぐ事が出来なくなってしまいます。そこで自己の免疫力を高めガンの増殖に勝てるように、免疫細胞を外に取り出し数百倍に培養し活性化して、それから体内に戻しガンを攻撃すると言う治療法が免疫細胞療法です。免疫細胞療法の最大のメリットは副作用が少ない事です。もともと自分の体内にある免疫細胞を取り出し利用するので、副作用が少ないのです。

他のがん治療との併用

免疫細胞療法はステージの進んでしまったガンでも治療できます。しかし大きくなってしまったガンでは急激な即効性は期待できない反面、小なガン細胞には効果が高いと言われています。大きくなってしまったガンでは患者の免疫力も低下傾向にあります。そこでガン細胞を抗がん剤で一度小さくしてから免疫細胞療法をすると、体内にある免疫も回復し免疫細胞療法の効果を最大限に高める事ができます。抗がん剤には副作用の懸念がありますが、ガン細胞を短期間で小さくする事が出来る効果があります。一つの治療では副作用が問題となったり、効果が出にくいなどの懸念のある治療法もあります。しかし懸念材料のある治療法でも免疫細胞療法と組み合わせることで、高い効果が出せるようになるのもこの治療法の特徴です。