放射線治療は可能性に溢れている|病を撃退する手段を伝授

看護師

新しいがん治療の1つ

病室

新しいがんの治療方法の1つとして注目を集めている免疫治療ですが、従来の治療法との併用が望ましいとされています。理由は今のメインで行われているがん治療のほうが、劇的に病気を取り除くことができ症状の改善を望むことができるからです。免疫治療は自分の免疫細胞を体内で増やしていく治療法なので、ある一定の時間がかかります。がんの増殖を抑える効果があるのですが、がんの増殖を抑えるまでに時間がかかる治療法です。また、この治療法を実施している病院も数が限られているのでどこでも受けることができるわけでは無い点に注意が必要です。そして、この免疫治療は保険適用外の新しい治療法ですので基本的に自由診療になり、その費用は一般の治療法に比べて高い傾向にあります。

がん治療と言えば、がん細胞そのものを切除する方法・放射線でがん細胞を死滅させる方法・抗がん剤の投与などがあります。どれも保険が適用される治療法であり、その効果も確認されています。しかし、この治療法のすべてがどのがんにも有効かと言えばそうではなく、治すことのできないがんもあります。ひと昔前はここで諦めるしかない場合もありましたが、今は先進医療が発達してきておりその1つに免疫治療があります。がんの治療方法の選択肢が今は広がっているわけです。がんは治らないと諦めることなく、治療法を探すことができるわけです。数は少ないですが、がんの治療に免疫治療を積極的に取り入れている病院もありますので探して問い合わせて見ましょう。